病院清掃  
株式会社アーマン          
   
会社概要   お問合せ   個人保護法
         
 
病院清掃事業
病院清掃サービス概要
病院清掃サービス内容
病院清掃 実績
アーマンはこんな会社です
病院清掃 よくある質問
病院清掃 求人情報
業務に関する研修等
メガソーラー敷地内メンテナンス
ソーラーパネルのメンテナンス
コンクリート二次製品販売事業
コンクリート二次製品販売事業
コンクリート二次製品ご紹介
パーキングブロックのご紹介
集水桝のご紹介
株式会社アーマンに関して
会社概要
お問合せ
関連リンク
TOPページ
 
アーマンでは、平成6年10月より医療関連サービスマーク認可(マル適マーク)を取得しています。安心してご相談ください。
 
 
  株式会社アーマン
〒151-0053 
東京都渋谷区代々木1-19-12
新代々木ビル2F
TEL 03-3375-2235
FAX 03-3375-4005

業務内容
病院清掃

 
 
病院清掃事業 
TOP>>業務に関する研修等>>MRABによる院内感染問題に関しての研修会実施
多剤耐性アシネトバクター(MRAB)による院内感染問題に関しての研修会実施
 
8月に入り抗菌剤が効かない「スーパー耐性菌」(MRAB)が見つかった件に関してアーマンでは、代表者より、 東京・神戸事務所の責任者を通し、各病院を担当している現場管理責任者に連絡、安全と基本事項の徹底を指示、各病院担当者と今後の対策や新型感染症の予備知識の情報を入手、今回の院内感染を大変に重く受け止め、通常の研修会内容を変更し、緊急研修会 に変更、平成22年9月21日(火)(東京実施)24日(金)(神戸実施)に実施致しました。
まず、今回の「スーパー耐性菌」(MRAB)に関して、各新聞記事や業界記事等を配布し、事の重大さを全員で認識した上で 本題の感染症に関して、仕事に就くスタッフの安全を含め「感染しない」「持ち込まない」「持ち出さない」を再度一から 徹底的に見直し、感染症の基本から清掃業務まで約3時間に渡り研修会が行われました。
   
今回の研修は、普段以上に緊張が走りました   アーマン代表取締役 武藤による事の重大さを告知   感染対策資料を元に、今回の研修がスタートしました
小田業務部長が中心となり、「感染対策資料」を元に再度、一から研修会の内容となりました。
1.院内感染の基本知識
・医療廃棄物 ・院内感染(病院感染) ・日和見感染 ・微生物 ・消毒
・交差感染 ・ゾーニング ・耐性菌(薬剤耐性菌) ・キャリア ・感染性廃棄物
・感染経路 ・環境モニタリング ・ガウンテクニック ・易感染患者 ・感染
上記の「感染」に関する主な医学用語および感染対策に関連する感染経路や感染に関する意味、それに伴う清掃作業を 復習。

2.感染発生のメカニズム

感染を生む条件、感染を起す微生物に関しての知識。 ここで、抵抗力の低下した者に、感染の危険性がある事から、アーマンでは1年1回の健康診断実施、今年まだ受診していないクルーをピックアップ、更に今月中に健康診断を実施するよう告知、また清掃業務を実施する際に、各現場管理責任者は必ずミーティングを行うこと、スタッフの健康管理 のチェックを行い、体調不良の者は、業務を行わずに完治するまで休息をとる事と、各クルーも自己管理を徹底することが 感染発生を防止できる第一歩となる。

3.安全な病院清掃実施のための感染対策とは

病院清掃に携わるものは、患者様や医療関係者への配慮だけではなく、自分自身が「感染しない」「持ち込まない」「持ち出さない」 を常に意識し、その上で、感染対策の内容と手順に沿って清掃業務を行う事が、安全な作業をより確実にする。 そのためにも、手洗いうがい、マスクの着用が重要である。また、清掃作業実行の時も@作業前A作業直前B作業中C作業後というように、時間の経過ごとに4つの段階に分けて感染対策 の内容を確認し、何かあるときは、常に現場管理責任者に報告、病院関係者に報告、本社に報告する義務を怠らないようにする。 作業中は、特に感染の最も危険が高い作業になることから、「スキを作らない(服装・装備)」万が一の時は「パニック」を起さない、 迅速で適切な処置が行えるように各自、各現場のグループが日頃からミーティング等を通して準備をしておかなければ ならない。

4.主な感染予防対策及び清掃

ここでは、比較的分かりやすい「インフルエンザ」「ノロウイルス」を中心に「疥癬」「結核」「MRSA」「緑膿菌」「レジオネラ菌」 また、作業中の「針刺し」に関しての予防と清掃方法の説明と意見交換が行われました。

5.まとめ

今回の(MRAB)による院内感染問題のニュースは、私たちアーマンにとって再度、基本に戻り、自分たちの置かれている仕事が如何に重要か また、一人ひとりの気の緩みが、事故の原因になる事から、再度、自己啓発を行い、気の緩まない仕事の実施を再確認することが出来た。
また、何かあった時は、自分達だけで処理しょうと思うのではなく、必ず本社に報告を行う、病院側と清掃に関する特別な指示が出た場合も、本社に報告を怠らない。
今回の研修は、代表者及び事務所、各現場管理責任者が一体となり、緊迫した研修内容となった。
   
小田業務部長の進行により、研修会がスタートされました   資料等を眺め、各現場管理責任者も、事の重大さを大きく受け止めている   各病院毎に、対策やスタッフ各自の健康管理、清掃方法等が話し合われました
   
とにかく、今回の研修は、参加者全員の緊張と緊迫感が伝わった研修でした   現場の現場管理責任者は、病院を守る、スタッフを守る事になるので研修は気が抜けません   全ての現場管理責任者が真剣に資料等に向き合い、今回の研修に取組みました
   
代表取締役 武藤より、現場管理責任者一人ひとりに激が走りました   仕事に「気を抜かない」「責任感を持つ」「知識を習得する」   何度がこのような事態に遭遇してきましたが、気を抜かず、乗越える決意です
 
TOP>>業務に関する研修等>>MRABによる院内感染問題に関しての研修会実施
病院清掃事業